お名前.com取得ドメインをバリューサーバーで使用する方法


お名前.comで取得したドメインをバリューサーバーで使用する方法を記載します。特に難しい点はありませんが、ネームサーバーなどの設定が必要になってきます。

 

設定の大まかな流れ

お名前.comで取得したドメインをバリューサーバーで使えるようにするための大まかな流れを記載します。

(1)お名前.comの管理画面でネームサーバーの変更をする
(2)バリュードメインの管理画面でネームサーバーの設定をする
(3)バリューサーバーの管理画面でドメインウェブの設定をする

 

(1)お名前.comの管理画面でネームサーバーの変更をする

(1-1)お名前.comの管理画面にログインする
お名前.comの管理画面にログインし、バリューサーバーで使いたいドメインのネームサーバー欄の『変更する』ボタンを押してください。

ネームサーバー

ネームサーバー


(1-2)ネームサーバーアドレスを設定する
ネームサーバーの変更画面が表示されるので、『他のネームサーバーを利用』タブを選択し、1~3のネームサーバーを入力します。

バリューサーバーは、バリュードメインの無料ネームサーバーを利用します。ネームサーバーアドレスは、下記の3つです。

ns1.value-domain.com
ns2.value-domain.com
ns3.value-domain.com

入力が完了すれば、『確認画面へ進む』ボタンを押すと設定が行われます。

ネームサーバー設定

ネームサーバー設定

以上でお名前.com側のネームサーバーの設定は完了です。

 

(2)バリュードメインの管理画面でネームサーバーの設定をする

(2-1)バリュードメイン管理画面にログイン
バリュードメインの無料ネームサーバーにドメインを登録してやる必要があります。

バリュードメインのコントロールパネルにログインしてください。

バリュードメイン ログイン画面

バリュードメイン ログイン画面


(2-2)無料ネームサーバー管理
ログイン後、コントロールパネルを下の方にスクロールさせていくと、『他社で取得されたドメインの新規管理』というリンクがあるのでクリックします。

無料ネームサーバー管理

無料ネームサーバー管理


(2-3)無料ネームサーバー作成
テキストボックスに登録したいドメインを入力し、『登録』ボタンを押して下さい

無料ネームサーバー作成

無料ネームサーバー作成

『登録』ボタンを押すと下図の画面が表示されるので、『こちら』のリンクをクリックしてください。
nameserver-setting3


(2-4)ネームサーバー設定
ネームサーバーを設定したいドメインを選択し、『変更』ボタンをおしてください。
nameserver-setting4


(2-5)ネームサーバー情報の変更
バリューサーバーで自分がサイト運用するサーバー名を選択して下さい。
自動的に表示されます。
設定が完了したら『保存する』ボタンを押します。

ネームサーバー情報設定

ネームサーバー情報設定

下図のメッセージが表示されたら完了です。『戻るにはここをクリックして下さい』リンクをクリックして元の画面に戻って下さい。

 

(3)バリューサーバーの管理画面でドメインウェブの設定をする

(3-1)ドメインウェブ設定画面を開く
バリュードメインのコントロールパネルにある『サーバーアカウントの登録・管理・購入』カテゴリの『VALU-SERVERアカウントの登録・管理・購入』リンクをクリックして下さい。
nameserver-setting9

更に『VALU-SERVERアカウントの登録・管理・購入』カテゴリ内の該当ドメイン下の『ウェブ』をクリックしてください。
nameserver-setting8

『入室』ボタンを押すと、バリューサーバーのドメインウェブ画面に入れます。
nameserver-setting10


(3-2)ドメインウェブ設定
ドメインウェブの設定は嫌がる人が多いですが、そんなに難しくはないので頑張りましょう。

本サイトのドメイン『http://www.value-rentalserver.com/』を例として記載したいと思います。本サイトのURLは『http://www.value-rentalserver.com/』で、『WWWなし』でアクセスされた場合は『WWWあり』リダイレクトされるようになっています。試しに『http://value-rentalserver.com/』でアクセスして頂ければ分かると思います。

本サイトのドメインウェブの設定は下記の通りです。

ドメインウェブ設定

ドメインウェブ設定

[メインドメイン]
バリューサーバーは、メインドメインとそれ以外のサブドメインという管理形態をとっています。では、今回登録したいドメインはメインドメインかサブドメインどちらに登録するのか?と言う点ですがどちらでもかまいません。違いはフォルダ構成に差がでるのみです。個人的にはメインドメインの設定はブランクにし、何も設定しないのがオススメです。

では、具体的にフォルダ構成がどのように差がでるのか?下図は、メインドメインを設定しWordPressをインストールした際の例ですがメインドメインは、public_html直下が公開フォルダとなります。対して、サブドメインに設定したドメインはpublic_htmlの下にドメインフォルダが切られその下が公開フォルダとなります。

domain-web2

私は、public_html直下にファイルをぶちまけたくなかったのでメインドメインはブランクとしています。メインドメインを設定しなければ次の様にフォルダ構成がシンプルになります。

domain-web3

メインドメインを設定しない場合は、『blank』を入力してください。設定する場合は、ドメイン名を入力してください。

『強制』は、ネームサーバーにまだドメインが反映されていない場合であっても強制的にドメインウェブの設定をするかどうかの設定です。『blank』の場合は、チェックOFF。ドメインを設定する場合はONにしてください。

[サブドメイン1]
ユーザーにアクセスさせたいURL『http://www.value-rentalserver.com/』を入力しています。
転送の必要はないので空欄のまま。
チェックONにしてください。
チェックをONにするとpublic_html直下にフォルダが作成されません。ONにしてください。

[サブドメイン2]
『wwwなし』でアクセスされた場合の設定です。
『wwwなし』でアクセスされた場合の転送先を『http://www.value-rentalserver.com/』に設定します。ここでの注意点としては転送先URLは『http://』が必要なので記載もれしないようにして下さい。
『強制』チェックONにしてください。
public_html以下にフォルダを作成する必要がないので『NoDir』にチェックを入れてください。

一通り設定が終われば『ドメイン設定をする』ボタンを押してドメインウェブの設定は完了です。下記補足事項も念のため確認しておいてください。クリックすると拡大できます。

point

以上でネームサーバーの設定、ドメインウェブの設定解説は終了です。お疲れ様でした。内容が役に立った方は下のソーシャルボタンを押して頂けると嬉しいです。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ

サーバー申し込み特典