バリューサーバーの最大ファイル数について


バリューサーバーのスペック表に『最大ファイル数』という表記がある。これはバリューサーバーにアップできる最大ファイル数という意味なのですが、こういう制限を設けているレンタルサーバー会社は珍しい。

というよりも、他のレンタルサーバーも最大数を設けているが単にオープンにしていないだけの可能性の方が高い。

max-files

このバリューサーバーの最大ファイル数について疑問点が下記2点あったので、サポートに問い合わせてみた。

Q1.ディスク容量にまだ余裕がある場合でもファイル数の上限値は適用されるのか?

Q2.ファイル数の上限値に達した場合、どうなるのか?

バリューサーバーサポートからの回答
質問から回答が返ってくるまでの時間は約6時間半程度でした。レスポンスの早さは問題なし。

返ってきた回答内容は次の通りです。

お世話になっております。

お問い合わせについてですが、ディスク容量に余裕が有っても、ファイル数は50万個までとなります。

ディスク容量に残りがいくらあっても、50万個を越えるファイルのアップロードや作成はできません。上限を超えるとエラーになり受け付けられません。

以上、回答とさせていただきます。

予想通りの回答内容でした。

そこで気になった点があります。バリューサーバーの標準的なスタンダードプランの場合、ディスク容量は100GB、最大ファイル数は50万ファイルです。単純計算すると、200KBのファイルが50万ファイルでディスク容量制限の100GBとなります。

しかし、画像や動画を多数扱っているサイトでなければ恐らく1ファル100KB以下が大半だと思います。これが何を意味するかと言うと、ディスクの制限容量よりもファイル最大数制限の方が先に達する可能性の方が高いということだ。

よって、バリューサーバーに申し込む際はディスク容量の方に目が行きがちだが、実はファイル数制限の方に注目しておく必要があるのだ。

例えば私の場合を見てみよう。ディスク使用量、ファイルアップ数は、バリューサーバーのコントロールパネル『サーバー管理』⇒『ディスク使用容量』で確認ができる。

disk-space

私は複数のレンタルサーバーを使用しているのでバリューサーバーのディスク使用量、ファイル数自体はまだまだ少ない方だが、状況は下記の通りだ。

file-limit

表示の通り、残りのディスク容量は『99.83%』に対して、残りアップ可能なファイル数割合は『98.73%』とディスク容量よりも多く消費している。

1ファル当たりの平均サイズも計算してみると、

173,640KB / 6,310ファイル = 27.5KB

となる。どうだろうか?先述した様に1ファイル200KB平均であれば制限の50万ファイルに達した時、ディスク容量も制限の100GBとなり無駄なく利用できるのだが、現状は1ファイル27.5KB平均だ。このままいくとディスク容量が大きく余った状態で、上限ファイル数に達することが予想できる。

特にWordPressサイトを多数作っている人はファイル数が急激に増える可能性があるので注意が必要です。コマ目に容量はチェックしていくようにしましょう。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ

サーバー申し込み特典