wwwあり/なしを統一する方法(URL正規化)


バリューサーバーで使用しているドメインのURLを「www」あり/なしを統一し、URLを正規化する方法を記載します。

ドメインの「www」あり/なしを統一しておかないと、ユーザーがーアクセスした際にページが表示されないといったことや、SEO観点からもGoogleの評価が分散されるなどの問題が発生するので、「www」あり/なしは統一しURLの正規化は必ず行うようにしましょう。

本題ですが「www」あり/なしの統一をするには、ドメインウェブの設定が必要です。.htaccessファイルの設定は必要ありません

それでは、順番に解説していきます。

バリューサーバーの管理画面でドメインウェブの設定をする

ドメインウェブの設定を選択
バリュードメインのコントロールパネルにログインすると、画面左のリスト『ドメインの利用』⇒『ドメインウェブの設定』を選択します。もしくは、『ドメインの利用』カテゴリ枠内にある『ドメインウェブの設定』どちらを選んでもらっても結構です。

domain-web4


ドメインウェブ設定
ドメインウェブの設定は間違えるとアクセスできなくなる場合もあるので注意して下さい。ただ、設定自体は難しくありません。

本サイトのURL『http://www.value-rentalserver.com/』を例として記載したいと思います。本サイトは、『WWWなし』でアクセスされた際は『WWWあり』にリダイレクトするようにしています。その設定が下図の通りになります。

ドメインウェブ設定

ドメインウェブ設定

(メインドメイン)
「Main」の欄に直接URLを記載してもよいのですが、私は、「Main」欄は「blank」にして「Sub1」以降に記載しています。理由は、「Main」にドメインを記載するとpublic_htmlの公開フォルダ直下に「Main」ドメインの各ファイルがばらまかれてしまいます。下図の様な感じです。

domain-web2

「Sub1~」ドメインに関しては、public_htmlの公開フォルダ直下にドメイン名のフォルダが作成されそれ以下にファイルが展開されます。よって、私は他のドメインとフォルダ構成を統一したかったので「Main」は「blank」としています。そうすることで下図の様にスッキリした構成となります。

domain-web3


Mainを設定しない場合は、『blank』を入力してください。個人的には推奨します。設定する場合は、ドメイン名を入力してください。

『強制』は、DNSサーバードメインが反映されていない場合でも本設定を適用させます。『blank』の場合は、チェックOFF。ドメインを入力した場合はONにしてください。

(Sub1)
ユーザーにアクセスさせたいURL『http://www.value-rentalserver.com/』を入力してください。
『http://www.value-rentalserver.com/』でアクセスされた場合、転送する必要はないので空欄のままにしておきます。
チェックボックスをONにします。
チェックボックスをONにするとpublic_htmlフォルダ直下にフォルダが作成されません。ONにしてください。OFFにして後から手動で作成してもOKです。

(Sub2)
ユーザーが『wwwなし』でアクセスした場合の設定です。
ユーザーが『wwwなし』でアクセスした場合、『WWWあり』に転送したいので、転送先を『http://www.value-rentalserver.com/』に設定します。注意点としては転送先のURLは『http://』から記載する必要があります。
『強制』チェックONにしてください。
『WWWな』しの方はpublic_htmlフォルダ以下にフォルダを作成する必要がないので『NoDir』にチェックを入れてください。

最後に『ドメイン設定をする』ボタンを押すとドメインウェブ側の設定は終了です。下記補足事項です。クリックすると拡大できます。

point


以上でwwwあり/なしの統一(URL正規化)設定は終了です。お疲れ様でした。内容が役に立った方は下のソーシャルボタンを押して頂けると嬉しいです。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

このページの先頭へ

サーバー申し込み特典